【ルポマンガ】初めてのアカスリ(2)

←(前回)【ルポマンガ】初めてのアカスリ(1)はこちら

さて、

勇気を出してアカスリルームと書かれた部屋に入った僕を、漫画のようなありがちなカタコトの日本語を話す、大陸系のぽっちゃりしたおばちゃんが暖かく迎えてくれた。

Print

 

 

部屋は6畳くらいで、施術ベッドが2つ。微妙なピンク色。。

Print

おばちゃんは慣れっこなんやろうけどこっちは裸でタオル一枚。。

Print

えっと、とりあえずどうしたらええんかな、、、と。
「ここに寝たらいいですか?」

Print

え!

ええ!

Print

くそ!どうしよう!

こちらの装備はタオル一枚!

しかし、アカスリとはどの辺りまですられるのか。。。!?

俺はこのタオルをどのように装備すればええんや!?

Print

 

とりあえず僕は、、、、、、

 

Print

しかし次の瞬間、、、、!!!!

【ルポマンガ】初めてのアカスリ(3)へつづく

Print
 
最近よく読まれている記事
 
もらって嬉しい請求書

ABOUTこの記事をかいた人

イラストレーターナド。
ふるさとプロデューサー、三鷹商工会員、三鷹市観光企画委員、イラストレーターズ通信会員。クリエイティブ業界で18年目。嫁1人、娘1人。関西弁。