【ふるプロ】その12 多摩CB中間支援ギャザリングに参加

CBとはコミュニティビジネスのこと。

地域で活動してるくせに実は僕はあまりよくわかっていない。
というわけで参加してみました。
今回は研修の一環で、イベントスタッフとしての参加。

僕は写真係。

かっこいいポーズでバシバシ撮ったのでそれをアップしていきます。

(かっこいい撮り方の例)
11111

まずは参加者を迎える前に集まって直前ミーティング。
チェックインの後、細かいタイムスケジュールなども確認していきます。
1人カメラ目線の人が。。
写真 2015-10-07 12 40 46

受付の準備。
写真 2015-10-07 13 24 10

ポツポツと参加者が集まってきます。
窓から日光が入る明るい部屋。
どんな会になるのか楽しみです。
写真 2015-10-07 13 49 20

参加者が集まったところでスタートです。
写真 2015-10-07 14 00 02

はじめはゲストトーク。
たましんの長島さんの事例紹介から始まって
4人の方が順番に話していきます。
普段はなかなか会えない方達と会って、
お話ができるのもこういったイベントの
大きなメリットではないでしょうか。

1人10分という短い中で重要なことをシンプルに伝える
難しさが伝わってきました。
写真 2015-10-07 14 13 03
長島さんは5分で終わるという快挙。。笑

そのおかげでタイムキーパーの出る幕がなかったという。。
写真 2015-10-07 14 22 19

みなさん真剣かつ興味津々にゲストのお話を聞いています。
こういった場だから聞けることもたくさんあります。
写真 2015-10-07 14 35 18

話を聞いたなかで出てきた質問したいことは紙に書いてBOXへ。
こういうゲームのような工夫も参加者を飽きさせません。
写真 2015-10-07 14 49 53

質問BOXに集まった質問をくじ引き方式で引いて、
今回のゲストとともにパネルディスカッション。
なかなか切り込んだ質問にパネラーも頭を悩ませます。
そのやりとりが場を盛り上げていきます。
写真 2015-10-07 14 54 49

聞くだけではなく、後半はグループに分かれてワークショップ。
与えたれたテーマを見据えて中間支援機関とプレイヤー、
それぞれの立場でできること、足りないことを書き出していきます。
写真 2015-10-07 16 09 39

もちろんゲストも一緒に参加します。
ワークショップを通じてグループ内の親睦も深まっていきます。
写真 2015-10-07 16 09 50

思った以上に皆さん筆が進み、あっという間に付箋が貼られていきます。
写真 2015-10-07 16 16 08

付箋に書かれたキーワードをつなぎ合わせて、
支援のストーリーを組み立てていきます。
写真 2015-10-07 16 32 52

できたストーリーを寸劇仕立てで発表、共有。
寸劇の面白さに会場は爆笑の渦。
場の熱気も最高潮です。
写真 2015-10-07 16 49 47

周りで見守る人々。
内心は、、発表が自分じゃなくてよかった〜。笑
写真 2015-10-07 16 52 48

最後は懇親会。すでに親睦が深まった中での交流は
終始和やかに進みます。
写真 2015-10-07 17 23 02

学びや出会いの多い、濃密な内容。
手作りのイベントには温かみがあります。
この内容でたった3時間というのがまた驚きです。

ここで得た気づきや縁が、新たな動きに広がっていく。
そんな様を体感できるギャザリングでした。
写真 2015-10-07 17 25 58

ぼんやりですがCBの輪郭のようなものが見えたイベントでした。
人と人がゆっくりとつながって、様々なプロジェクトが育っていく。

CBに興味がある人、地域で活躍していきたい人、
地域で新しい縁を紡ぎたい人、
こういった機会があれば、積極的に参加してみてはいかがでしょうか。
僕もとても勉強になりました。

そして思った以上に三鷹の人が多くて、個人的にも楽しかった〜。

11111
 
最近よく読まれている記事
 
もらって嬉しい請求書

ABOUTこの記事をかいた人

イラストレーターナド。
ふるさとプロデューサー、三鷹商工会員、三鷹市観光企画委員、イラストレーターズ通信会員。クリエイティブ業界で20年目。嫁1人、娘1人。関西弁。